ホテルは堂々と誘おう!回りくどくなく堂々とラブホテルに誘うべき理由とは

2018年1月12日

みなさんはホテルに誘うときどのような誘い文句を使っていますか?

私はホテルに誘うときは回りくどく誘わず堂々とストレートに誘うべきだと考えていきます。
今回はストレートに誘うべき理由について述べていきましょう。

私の考えを押し付けるつもりはありませんが、この記事がみなさんの考えの一端となっていただけたら幸いです。

堂々と誘うべき理由とは?

私の持論ですが、どんな誘い文句をしようとホテルに誘う時点で相手の答えは決まっています。

誤謬ですが、シュレディンガーの猫と一緒です。
蓋を開けてみないと猫の生死は分かりませんが、蓋を開ける時点で既に猫の生死は決まっています。
ホテルに誘う場合も同じです。
ホテルに誘ってみないと相手の答えは分かりませんが、ホテルを誘った時点では既に勝負はついており、ホテルに誘えるかどうかは誘った時点既に決定されているのです。
蓋を開けることで初めて猫の生死が知覚できるのと同様、ホテルに誘ってみることで初めてセクできるかどうか知覚できるだけです。

私がおすすめするのは、言い訳をつけて回りくどく誘うより堂々とストレートに誘うことです。
なぜなら、理由をつけてホテルに誘うにしても堂々とストレートに誘うにしても相手の受け取り方は一緒だからです。

どう誘っても受け取られ方は同じ

ホテルの誘い方を場合分けして考えてみましょう。

①言い訳を付けて回りくどく誘う
②堂々と誘う

①の言い訳を付けて回りくどく誘うことについて考えてみます。
例としてここでは「これからホテルに行こう」という直接的な表現を避け、「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」という言葉でホテルに誘ったとします。

女性は馬鹿ではありません。ただでさえ警戒心の強い生き物です。
「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」と誘った場合、例え「これからホテルに行こう」と直接的に言わないにしても、大抵の女性は相手の男性の下心に気付いているはずです。
「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」という言葉を鵜呑みにしてホイホイ男性についていった場合、これから起きてしまうことくらい想像がついています。

つまり、「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」という誘い文句に女性が肯定的な反応を示した場合は、女性が「ホテルに行こう」という相手の言葉に肯定的な反応を示したことと同意義です。
逆に言えば、女性が最初からホテルに行くつもりでなければ「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」という言葉に同調しません。

結局「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」と誘っても「これからホテルに行こう」と誘っても相手の誘いに対する反応は一緒なのです。ホテルに誘おうとした時点で相手の誘いに対する反応は既に決まっています。

回りくどく誘うことによる問題点とは?

以上で女性の言葉の受け取り方においては
(①言い訳を付けて回りくどく誘う)≒ (②堂々と誘う)
という等式が成り立つことを証明しました。

どちらの誘い方をするにしても女性の言葉の受け取り方は同じです。
むしろここで重要となるのは、ホテルに誘う場合に減点にならないよう気を付けることでしょう。

ここまで女性の言葉の印象の受け方はどちらの誘いにせよ同じであることは示しましたが、次にそれぞれの誘い文句が持つ問題点について考えてみます。
ここでも①の言い訳を付けて回りくどく誘う例を「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」、②の堂々と誘う例を「これからホテルに行こう」という誘い方に振り分けてみましょう。

①の「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」という言葉は幅広い範囲に捉えることができます。
ホテルで休憩することも可能性として考えられますが、二件目、三件目のバーにいくことも考えられますし、これからカラオケに行って休憩ことも考えられますね。

ここで大いに関係してくるのが時間です。
ホテルに誘うタイミングとしては概ね夜遅い時間だと思います。
わざわざホテルという舞台を用意するからには、その相手と初めてセクすることが比較的多いでしょう。
初めてセクする相手を昼にホテルに誘うのは難易度が高いです。
大体のパターンにおいてホテルに誘うのは夜になると思います。

当たり前ですが、大抵の場合において終電というタイムリミットが存在します。
終電の時間から逆算してこのあとの予定を組み立てるはずです。

夜遅い時間に「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」という言葉をもらったらどうでしょう。
具体的には終電の一時間前にこの誘いを受けたとします。

ここで女性は終電から逆算を始めます。
前述した通り、「もっと一緒にいたいからちょっと休憩しない?」という言葉は「ホテルに行く」「バーで飲みなおす」「カラオケに行く」などと色々なパターンとして受け取ることができます。
終電の一時間前とあらば、バーに行っても30分ほどしかゆっくりできません。カラオケに行くにしてもたったの30分じゃ物足りないです。
ホテルに行って終電を逃すこともできますが、相手がホテルに誘っているかどうか確信が持てません。
相手がホテルに誘っているのだと早とちりして泊まる気満々でついて行くのも気が引けます。
ホテルに泊まる気満々で誘いに乗って実は違かったとしたら女性としてはかなり恥ずかしさを感じるはずです。

このように色々な考えが逡巡した結果、結局断ってしまう可能性が高くなります。
たとえ誘った時点で相手が終電を見送ってホテルに行く気があったとしてもです。
だって間違えてついていって実は行き先がホテルじゃなかったら恥ずかしいですからね。

以上のような理由から、堂々と誘った方が女性が断る可能性が低くなります。
堂々と「これからホテルに行こう」と誘えば女性は終電から逆算する必要はありません。
終電関係なく、これから選ぶべき選択はホテルに行くか行かないかの二択です。

女性からOKをもらう可能性を不等式にすると
(①言い訳を付けて回りくどく誘う) ≦  (②堂々と誘う)
となります。

②の堂々と誘うことによって「直接的にホテルに誘ってもらえればついていくつもりだけど、終電の関係上ゆっくりはできない」という状況にある女性を取りこぼすことがなくなります。
女性によっては堂々と誘うことで男らしさをアピールできるという付加価値をもらえる可能性もありますね。

もちろん中にはロマンチックに誘われたい女子もいる

しかし女心は式で簡単に表せるほど単純なものではありません。
好感度や誘い文句の一次式や二次式などの単純な式で表せるものではなく、女性のそのときの体調や気分など実際にはいろいろな変数が絡んできます。
色々式について推測はできますが、ホテルに誘うという値を入れてみないと関数の結果(セクできるかどうか)は結局分からないものです。

ロマンチックさを求める女性ならば、堂々と誘われるよりも「もうちょっと一緒にいたい」などと比較的ロマンチックに誘われる方がついていく確率が高くなるかもしれません。
しかし私の意見ですがロマンチックさを求める女性が相手でも堂々と誘った方が効果的だと思います。

理由は二つです。

一つはその女性がロマンチックさを求めているかどうかは分からないということです。
もちろん大多数の女性は一定のロマンを求めていると思いますが、ホテルの誘い方にまでロマンを求めている人はあまりいないと思います。
ホテルに誘うなど体に関係する誘いはもっと泥臭くあるべきです。おそらく女性はもっとプロポーズなど心に関係する別のところでロマンを求めているのだと思います。
むしろどちらかと言えばホテルの誘い方にまでロマンを持っている女性は少ないのではないかと個人的には感じています。

ホテルに誘う場面だけでなく大体の場面において言えることですが、女性を誘ったり口説くときは大多数の女性に当てはまる方法やできるだけ減点を避ける方法を選ぶべきです。
例としては食事の支払いですね。
割り勘で良いと思っている女性もいますが、中には初デートは男性がすべて奢るべきだという考えを持っている女性もいます。
下手にお金をけちるのを狙って割り勘を持ちかけるのは危ないです。初デートは男性がすべて奢るべきだと考えている女性に嫌われます。
やはりここはできるだけ女性から嫌われることを防ぐために食事代は奢るという安パイを切っていくべきです。

この考え方はホテルに誘う場合でも言えることです。
ロマンを持っている女性もいますが、男性は堂々と誘うべきだという考えを持ってる女性もいます。
堂々とホテルに誘って男は堂々と誘うべきだという考えを持っている女性に嫌われることを防いでいきましょう。
堂々と誘う方が期待値が高いです。

二つ目はロマンを求める女性を堂々と「これからホテルに行こう」と誘った場合にあまり良い反応を示さなくても、それは形式的なものであることが多いということです。
強く誘えばついてくる女性はついてきます。
そもそもホテルに誘うときにまでロマンを求める女性は身持ちがめちゃくちゃ堅い女性かフットワークが軽い女性の二極化になると考えています。
めちゃくちゃ身持ちの堅い女性はホテルに誘うまでもなくお付き合いをしてしばらく経ってからでないと体を明け渡しません。
よってどんなエッジの効いた誘い方をしようと高確率で誘いを断られます。
よってこの場面においてはフットワークが軽い女性しか眼中にありません。

ホテルに誘って断られたとしても形式的な拒否だという雰囲気を感じたらガンガン押していきましょう。
フットワークが軽い女性は一度断られてもいろいろなグダ崩しを試していけば結果的においしくいただけることが多いと思います。
状況によっては「ホテルに誘う」という行為はただのジャブにすぎません。
ジャブで相手が倒れてくれる(誘いに乗ってくれる)なら結構、ジャブを防がれたなら別の方法を試すまでです。
別の方法としては飲みなおして終電を逃させることを狙うなど良いかもしれませんね。
軽い女性は相手に相当悪い印象を持っていない限り、終電を逃すなど一見どうしようもない理由があればホテルについていかざるを得なくなります。

終わりに

以上の観点・理由からホテルに誘う場合は堂々と誘うべきだと私は考えています。
ただしここに書いたことはあくまで私の考えです。

実際には状況や相手の女性のタイプによって左右されますし、自分の性格や相手の自分に対する評価にも左右されます。
普段なよなよしてる男性がホテルに誘うときだけ堂々と力強く誘ってもドン引きですし、謙虚で回りくどいところがかわいいと女性から受けてたのに堂々とホテルに誘うことで愛想を尽かされることになるかもしれません。

回りくどく誘わず堂々と誘うのは私の性格や好みの女性にマッチした方法であり、みなさんに当てはまるとは限りません。
みなさんにはみなさんなりの方法があると思います。
ここに長々と書いたことはただの一例にすぎません。

しかしながら、この記事を読むことでこういう考え方を持っている人がいるんだなと少しでも印象に残っていただけたら幸いです。
ときによっては、ここに書いたことがみなさんの考えやアプローチ法の一助になっていただけたら良いなと考えております。

最後までお読みいただきありがとうございました。