Omiaiでスペシャルいいね!とメッセージ付きみてね!を使ったらマッチングできた話~その3~

2018年5月27日

前回の続きです。
Omiaiでスペシャルいいね!とメッセージ付きみてね!を使ったらマッチングできた話~その2~

意中の相手の女性に「スペシャルいいね!」を送った内容について解説をつけている最中でしたね。
なんで私こんな記事書いているのでしょうか。
まぁいいでしょう。
それでは、今回もよろしくお願いいたします。

送信したスペシャルいいね!の内容とは?

前回のおさらいです。
送信した「スペシャルいいね!」をもう一度ご紹介したいと思います。

はじめまして!
いきなりですけどルックス超絶タイプです(>_<)
他の会員よりも断トツ好みです!冗談抜きで今までで一番好みです!
○○さん(相手の女性の名前)と関わりたくてプレミアム会員に登録してポイントまで購入しちゃいました!笑
年下ですけどよかったらメッセージ交換してください!よろです!

二文目「いきなりですけどルックス超絶タイプです」の補足

前回までは二文目までは解説を加えましたね。

三文目の解説に入る前に、二文目の補足に入りたいと思います。

私はラインで男女問わずメッセージを送るときはほとんど顔文字をつけません。
顔文字をつける場合は、ネタだったり笑いを取ろうと思ったときといった特殊な場合のみです。

にも関わらず、今回送った「スペシャルいいね!」の二文目には顔文字が含まれています。
結論から言いますと、これはあまり良いとは言えません。
顔文字をつけること自体が良くないのではなく、好きな女性だからと言って自分のやり方やポリシーを曲げてしまうところが、です。

好きな女性相手でも堂々とする

顔文字をつけないという傾向はあくまで私の性格に沿ったものであり、男性が女々しく顔文字を乱用したとしてもそれが自分を確立させた結果であるならば、それが逆に魅力になり得ます。
女性の男性に対する好みはあるものの、男性がメールで顔文字をつけるつけないに貴賤はないように思えます。

正直に言いますと、今回のメッセージで顔文字をつけた心理としては、自分の好みの女性に悪く思われたくない、できるだけウケの良いメッセージを送りたいという思いが強かったのではないかと考えています。

そのような自分を曲げてまで好きな女性を持ち上げるような行動をとってしまうと、女性は興ざめしてしまいます。
女性は鋭いです。きっと男性が好きな相手に対してこびへつらっている態度を見透かされていることでしょう。

今回顔文字をつけてしまったのは私のミスです。
めちゃくちゃ好みの女性関わらず、他の女性と同じように堂々とアプローチしていきたいですね。

三文目「他の会員よりも断トツ好みです!冗談抜きで今までで一番好みです!」の背景

さて、三文目の解説に入ります。
三文目は、「他の会員よりも断トツ好みです!冗談抜きで今までで一番好みです!」と繋げました。

こちらもストレートな表現ですね。
自分の正直な感想をそのまま相手に伝えています。

全体的に自分の立場を徹底的に低くしてひたすら相手が気持ちが良くなるであろう言葉を投げかけていますが、この状況下における私が送ったメッセージの一番の強みとしては、”正直な感想である”ということに尽きます。

“正直さ”でぎこちなさを排除

これが嘘だったり社交辞令だったりするならばどこかぎこちなさを相手に与えてしまうことになりますが、今回の場合は全部私の本当の気持ちです。

やはりテクニックだったりアプローチする側の人間性も大切ですが、結局のところ一番大切なのは、女性を大切に想う気持ちや女性を好きだという気持ちなのではないかと私は考えています。

まぁプロフィール写真を見ただけでここまで好意を持たれるのもなかなか気持ち悪いかと思いますけどね。

それに加えて実際に会ったことがなくメッセージ越しのコミュニケーションですから、自分の気持ちが相手に伝わりづらいです。
ましてや初対面ですから、まだ警戒心も相当高いことでしょう。

マッチングアプリなどの出会い系にも、女性だけでなく男性のサクラや勧誘行為があったりするらしいですからね。

なぜ女性のルックスに焦点を当てたのか

ところで、今回の「スペシャルいいね!」の内容は主に女性のルックスについて焦点を当てていますが、これには二つ理由があります。

一つ目の理由としては”書きやすいから”です。
本来は自己紹介に書いてある内容と絡めたりするのが正攻法かもしれませんが、お相手の女性のプロフィールを見てみると非常に話題として絡めづらい内容となっていました。
唯一繋げることができる話題としては、女性の好きなことの欄に「食べることが好き」ということくらいです。

周りの男性と同じような文章を送りたくない!

「私も食べること好きです!今度一緒に飯行きましょう!」のような内容は送れますが、どうにも内容として弱い気がしてました。
相手は「いいね!が多い順」で上位に入るくらいの女性ですから、これくらいの口説き文句は多くの男性から貰っているはずです。
「スペシャルいいね!」は140字以内と字数制限があるため、あまりお相手の女性に響かない内容を入れて字数を無駄にしたくありません。

マッチングアプリでの出会いは情報不足

二つ目の理由としては、マッチングアプリの出会い方の限界でもあるのですが、そもそもファーストコンタクトとしての最適な話題が「写真」か「自己紹介」しかないことです。

マッチングアプリで分かる相手の情報としては、写真や自己紹介文、出身地や血液型などを説明する簡単な一問一答形式の情報しかありません。

外での出会いならそのときの相手の服装やいつどこで出会ったかなどをファクターとしたファーストコンタクトとして最適な三次元的な話題を展開させることができますが、二次元的な出会い系のプロフィールではそうもいきません。

写真の取り方や自己紹介で相手についてあれこれ推測はできますが、それをわざわざ誇示してたとえそれが正解だったとしても、女性に「え、何?私のプロフィール見ただけなのに私のこと知った気でいるの?」といった印象を与えてしまう原因となってしまいます。

よって私には出会い系のファーストコンタクトとしては「写真」か「自己紹介」を絡めた話題が一番良いように思えます。
前述した通り今回のシチュエーションでは「自己紹介」は話題として繋げづらかったので、今回は話題として「写真」から分かる女性のルックスを重視いたしました。

閑話休題

長くなってしまいましたので、ここで一度切りましょう。
まさかこんなに長くなるとは思いませんでした。

もう少し付き合っていただければ幸いです。
考えてみれば「スペシャルいいね!」と「メッセージ付きみてね!」の内、「メッセージ付きみてね!」についてはまだ単語すら出てきていませんね。

筆が赴くまま(タイピングで指が動くまま)に書いているためどれくらい長くなるかはまだ分かりませんが、もしかしたらあと半分くらい書くことになるかもしれません。
まぁなるようになるしかありませんね。

続きもご覧いただければうれしいです。
Omiaiでスペシャルいいね!とメッセージ付きみてね!を使ったらマッチングできた話~その4~

ちなみにここではOmiaiについてのエピソードが語られていますが、実は私が一番おすすめしたいマッチングアプリはペアーズです。
ペアーズはこちらからお申込できます。
pairs

最後までお読みいただきありがとうございます。