食事デートの店の選び方とは?テーブル席よりも横並びの席がおすすめ!

2018年1月10日

みなさんは食事デートのとき店をどのような基準で選んでいますか?

店選びで失敗するとデートがグダグダになるばかりか、その場限りのデートで関係が終わってしまう可能性があります。

特に料理や酒の種類だけでなく、席の種類や価格帯、混雑状況を事前に調べておくのはマストです。

テーブル席置いていない店よりも、カウンター席が置いてある店の方が次のデートに繋がりやすくなります。

今回は付き合う前の食事デートにおける店の選び方について詳しく掘り下げていこうと思います。

横並びの席やL字席のある店を選ぶ

デートのときにはできるだけ横並びの席やL字席のある店を選ぶようにしましょう。
L字席とは、ソファーがつながっていてお互いが斜めに座れる席のことです。

対面で座るテーブル席に比べ、横並びの席やテーブル席の方がお互いの顔をずっと見なくてよいので緊張しません。
距離が近いので気軽にボディータッチもできますね。

カウンター席は視線を交わせるのが難しいですが、L字席の方が雰囲気によっては見つめあうことができます。
なので私が一番おすすめしたいのは横並びの席よりもL字席です。

ただL字席がある店が少ないのが残念ですね。

対面のテーブル席はできるだけ避けた方が良い

逆に一番避けたいのは対面のテーブル席です。

対面というのは対立や対決の心理的な効果を生み出してしまいます。

対面で座るのは商談や議論の際には向いていますが、デートには不向きです。

目の前にいるとずっと相手と目を合わせなければいけないので緊張してしまいますよね。

よってデートで失敗したくなければ横並びの席かL字席を選ぶようにしましょう。

どうしても対面のテーブル席に座る場合は?

しかし場合によっては対面のテーブル席に座らなければいけないときもあると思います。
その時は真正面に座るのではなく、対角線上に座ると良いです。

このようにすることですぐ目の前に相手がいるというのを避けることができるので、真正面に座るよりは緊張することが減ります。

ただし、真正面に座らずに対角線上に座るのは不自然ですよね。

そういった理由から、やはりテーブル席ではなく横並びの席かL字席をおすすめしたいです。

また、席に座るときは相手の利き腕と反対側の席に座るようにしましょう。

利き腕側を空けておくと食事をしながらでも話しやすく、自然にお互いの方に向き合う体勢となります。

逆に相手の利き腕側に座ってしまうと、常に肩越しの会話となるため、距離感の割にぎこちない雰囲気となってしまう可能性があります。

リーズナブルな価格帯の店を選ぶ

店を選ぶときは高すぎても安すぎてもダメです。

いきなり初デートでホテルの最上階の夜景がきれいな高級レストランに連れてこられたらどう思いますか?
食事マナーや店の雰囲気に緊張するだけでなく、相手のガチさ加減にドン引きしますよね。

逆にいきなり高級レストランに連れてこられて喜ぶ女性はよほどのお嬢様かお金目当ての女性です。
高すぎるレストランは無駄にお金を失うだけでなく、必死さをさらけ出すことになるためおすすめできません。

高級レストランは付き合った後の「記念日」や「誕生日」などの特別な日のためにとっておきましょう。

安すぎる居酒屋やファミレスは避けよう

また、安すぎる居酒屋やファミレスなどもNGです。

デートしている隣で仕事帰りのサラリーマンが大声で会社の悪口を言っていたら雰囲気台無しですよね?その場で帰りたくなります。

ファミレスも騒がしいですし、雰囲気も出ないのでおすすめできません。
ファミレスに女性を連れていくことで、「私ってファミレス程度の女なのかな…」と思わせてしまう可能性もあります。

焼肉やお好み焼きより他の店を!

あとは焼肉やお好み焼きなどの焼き物系のお店も避けた方が良いです。
油が跳ねますし、匂いもつくので、デート用のとっておきの洋服が台無しになります。

できればカップルがよく利用するような素敵なムードのあるお店を選びましょう。
平均予算としてはお酒ありで4000円くらいでしょうか。

しかしランチデートやカフェだったらおしゃれな店であれば多少安くても問題ないと思います。
私は初デートがスタバでもありだと思います。

店を予約しておく

待ち合わせて時間通りに店に行っても予約や席がいっぱいだったら台無しですよね。

その場合、席が空くまで待つか他の店にはしごしなければいけなくなるので、デートがグダグダになります。

デートをスムーズに遂行させるためにも店は予約しておきましょう。

同じ店が近くに二件あることも!

また、同じ店が近くに二件ある場合は注意したいです。

予約したのは店Aの第一店舗だったけど、待ち合わせて実際に行ったところが実はA店の第二店舗だったということがあり得ます。

余裕があれば事前に場所も確認しておきたいですね。

終わりに

今回は食事デートにおける店の選び方についてお伝えいたしました。

店選びを失敗しただけで関係が終わってしまうのはもったいないですよね?

今は食べログやぐるなび、ホットーペーパーなどで気軽に店の情報を調べることができるので、最大限活用すべきです。

料理やお酒の種類だけでなく、席の種類や価格帯、混雑具合もきちんとリサーチしておきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。