LINEでやってはいけない行動とは?○○すると嫌われる!

2018年1月11日

みなさんは意中の相手にラインを送るときなにか心がけていることはありますか?

ラインで変な行動をすると、一緒にデートに行ってくれないばかりか、相手から返信が来ず関係が自然消滅してしまう可能性があります。

特にラインはその手軽さゆえに、メールよりも考えなしに相手に送ってしまうことが多いです。

今回はラインをする上で絶対やってはいけない行動についてご紹介いたします。
改めて自分が好きな相手に送るときのラインを見直しましょう。

どうでもいい内容を送る

知り合って間もない関係の人から次のようなラインが飛んで来たらどう思いますか?

さっき〇〇でラーメン大盛り食べてきた!!!!☆(゚∇^*)
でもそこの🍜の大盛り量が多くてお腹いっぱぃだょぅ(*´-ω-`*)

おそらく大多数の方が「知らねーよ!いちいち私に報告してくんなよ!」と思うはずです。

加えて、「今何してるの?」という質問を送るのも付き合ってない関係の場合あまりいいものではありません。
たまに送るのは良いかもしれませんが、毎日送るのは避けましょう。

あとは特に男性の方でやりがちですが、自分の自慢をするのもいけません。
「仕事で良い案件とっちゃった♪」とか「ボーリング行ったら僕だけ250点とっちゃったよー」などとひたすら自分の自慢話をするのはやめましょう。

できれば共通の話題か相手が興味ありそうな話題を選ぶと良いですね。

返信が来てないのに追撃する

何かラインを送ったときに返信がないからといって追撃ラインを送ってはいませんか?
こちらから何も返信をしてないのに次々とラインが飛んで来たらどう思うでしょうか?
きっと相手のことをどうでもいいと思っているほどうざいと感じるはずです。
恋人候補の相手に限らず、友達同士のときでも返信してないのに次々連絡が来たらげんなりしますよね。

たとえ異性としていいなと思われていても、追撃ラインを送ることにより好意を冷めさせてしまう可能性があります。

しかし相手が本当に返信を忘れている場合もありますので、追撃ラインをどうしても送りたいときは数時間後ではなく数日後に送るようにしましょう。

補足ですが、明日のデートの待ち合わせの時間など、喫緊の用事があるときは早めに追撃しても良いでしょう。

頻繁にラインを送る

世間ではマメな男がモテると言われています。
しかしマメな男がモテるのは既に恋人同士か脈ありの場合です。

どうでもいい男からマメにラインが飛んで来たらうざいだけでしょう。
付き合っていない相手から「おはよう」とか「おやすみ」とか毎日挨拶メールが飛んで来たら「おまえ私(俺)のなんなんだよ!」と思うはずです。

まだ付き合っていない場合は、身分をわきまえて頻度は抑えるようにしましょう。
大体こちらが送ってから相手が返信する時間と同じくらいの間隔でこちらも送ると良いです。

返信が早い

こちらが送ってからノンタイムで返信が来たらどう思いますか?
きっとこちらも早く送らないといけないのではないかとプレッシャーを感じるはずです。

早めに返信するのはいいですが、緊急の用でなければ適度に時間を置くのがよいでしょう。
最低でも10分程度時間を置くと良いと言われています。

返信が遅い

返信が早すぎるのいけませんが、返信が遅すぎるのもいけません。

よく時間をおいて相手を焦らすテクニックがありますが、もしそのテクニックを使っているのがばれると相手を冷めさせる原因になります。
たまにはそのテクニックを使っても良いと思いますが、使いすぎるのもNGです。

一日忙しければ返信できないのもしょうがないと思いますが、なるべくなら時間を見つけて次の日には返信を返すようにしましょう。

質問メールをしまくる

巷では「聞き上手の男はモテる!」と言われていますが、それに乗じてひたすら質問文を送るのもいけません。

ひたすら質問文が来て一問一答で答え続けていると、まるで尋問されているような気持ちになります。

質問文を送るのは悪いことではありませんが、ほどほどにしておきましょう。

そもそも質問文を送り続かないとラインが継続できない関係性は、相手が自分に興味がない場合が多いです。
相手が部下で自分が上司の場合、立場の関係で仕方なく相手に返信させているだけです。
普通に迷惑なので、メールの相手が欲しければキャバクラの子にでも送りましょう。

深夜にラインを送る

狙っている相手に限らず、ラインを送るときは送る時間帯に注意しましょう。
平日の深夜の3時にラインが送られてきて目覚めてしまうとハンパなくイラっとするはずです。

相手が昼夜逆転の生活を送っていない限りは深夜にラインをするのは避けましょう。

長文のラインを送る

相手から長文のラインが送られてきたらどう思いますか?

読む気をなくす上に返信する気もなくします。
それがどうでもいい内容だとなおさらです。

ラインを送るときは、短くまとめるようにしましょう。
どうしても長い文章になってしまう場合は、結論を最初に書くと文が分かりやすくなる上に印象も良くなります。

どれくらいの文章の量にしたらいいか迷うときには、相手と同じくらいの文章の量にすると良いです。

終わりに

今回はラインをする上で絶対やってはいけない行動についてご紹介いたしました。

相手が異性の場合に限らず、同性の場合でも当てはまりますね。
同性や異性が相手に限らず、人としてメールのマナーを守ることは大切です。

ここに書いてあることを参考に、意中の相手と仲を深めていきましょう。