ナンパコミュニティおすすめしない理由とは?トラブルや足の引っ張り合いにも発展する!?

ナンパの講習を受けたり、ネットのナンパの掲示板を見ているとナンパコミュニティなるものがあることに気づきます。
ナンパコミュニティとはその名の通りナンパという共通の目的を持つ人が集まるコミュニティです。
お互いの女性とのセックスを報告したり、コンビナンパを募集したりするのが有名ですね。

確かにナンパコミュニティに入ることでナンパに対するモチベーションが上がりますよね。
仲間と切磋琢磨して数を競い合うことでお互いを高めあうことができるかもしれません。

しかし、ナンパコミュニティにはナンパコミュニティなりの危険性だったり悪いことがあります。
ナンパコミュニティに限らずコミュニティ全体に言えることですが、特定のコミュニティに所属することで、メリットだけでなくデメリットもあるものです。

今回はそんなナンパコミュニティに入ることによるデメリットを挙げていきたいと思います。

数を競い合うことで変な価値観が生まれる

ナンパコミュニティのグループLineなりメーリス内で、即の数だったり今月セックスした女性の数を定期的に挙げる人がいます。

ナンパする方々にとって、”数”という概念は大変重要です。
己のステータスを表すとともに、自分がどれだけ頑張ったかということを示す指標となりえます。
女性の質を客観的に説明しづらい以上、数というのは最も重要な指標です。

しかしながら、”数”を重きを置きすぎて、数のみを求めるようになるのはどうかと思います。
果たして本当に数をこなすことで自分の欲求を満たせるのでしょうか。

ここで自分がナンパを始めた理由、始める理由について深く考えることが重要です。
おそらく大多数の方々が昔自分を振った女性を見返すことが目的だったり、最高の女性を見つけることが目的だったりしますよね。
少なくとも、女性とセックスする数のみを求めることで、自分の本来の欲求が満たされるパターンは少ないのではないでしょうか。

ゲットした女性の数を定期的に挙げる方につられて、数のみを求めるという考えになっては危険です。
それに数のみを求めたとしても、ナンパという分野だけに言えることではないですが、上には上がいるものです。
いつまでも満たされない欲求を追い続けることとなるでしょう。

数というのはあくまで実績のひとつです。
数のみを求めることなく、自分の本来のナンパの目的は何だったのかを自分に問いただしましょう。

ナンパした女性のポルノ写真を挙げる人がいる

コミュニティのメンバーの中には、自分がナンパした女性とセックスしたことを証拠として、ナンパした女性の裸の写真だったり女性の着替え途中の写真をグループLineなりメーリスなりで流す人がいます。

個人的な意見として、そういうのは本当に無理です。
おそらく自身の裸をグループ内で流すことを許可する女性はまずいないと思いますから、無許可であることがほとんどでしょう。

ナンパした女性の裸の写真だったり女性の着替え途中の写真をグループ内で流してまで、自分の実績を誇り、自分の地位を獲得したいのでしょうか。
私には考えられません。

女性の尊厳を奪ってまで自身の承認欲求を満たしたいのでしょうか。
はっきり言って最低ですね。

それに女性目線でなくても悪いことだらけです。
もはや事件並みですから、もしコミュニティ内の誰かが女性に訴えられるなりの問題が起こったとします。

もし問題が発生したとしたら間違いなく写真を流したコミュニティ内の全員に事情聴取が入ることでしょう。
同じコミュニティーのメンバーとして、何か他に問題を起こしてないか疑われても仕方ありません。
そうなるとかなりめんどくさいですよね。

大げさに言うと、そういったコミュニティに所属するだけでも犯罪の片棒を担ぐことと同罪です。
無用なトラブルを避けたい方は、モラルのないコミュニティは抜けることをおすすめします。

互いの足の引っ張り合いがある

男たるもの、同性間で常に競争意識にさらされることが多いです。

普段の男の友達同士の会話であっても、お互いに見栄を張りあったりふとしたところで自分を良く見せることが多いのではないでしょうか。

特にナンパコミュニティー間の競争意識は強いです。
常にお互いを意識し、自分以外のコミュニティのメンバーすべてがライバルといってもおかしくありません。
むしろナンパというある意味攻撃的な目的を持つものどうし、お互いがライバルであるという意識が強いのではないでしょうか。

お互いがライバルであり、ある意味敵同士であることで当然足の引っ張り合いも起こりえます。
考えてみればコンビでナンパしたときにお互いの好みの女の子が被るなど、お互いに悪い印象を持つきっかけも多いですよね。

足の引っ張り合いが激化した結果として、こんな話をきいたことがあります。
同じナンパコミュニティ同士でナンパを行い、ナンパしている最中の仲間の一人を写真に収め、LINEのタイムラインに「こいつナンパしてるから気を付けた方が良いよ」という文章を添えてその写真を投稿したそうです。

あり得ないほどの裏切りですね。
今はネット経由で簡単に他人を陥れることができてしまいます。

もしコンビでナンパをしたりコミュニティでナンパしたりする際には、信頼できる仲間とのみナンパした方が良いでしょう。
どんな人がいるか分からないナンパコミュニティの人と一緒にナンパに行ったりするのは、自分の居場所を守るためにも避けた方が良いのかもしれません。

終わりに

今回はナンパコミュニティに所属する危険性についてご紹介いたしました。

すべてがすべてトラブルを招くナンパコミュニティだとは言いません。
しかし、もしナンパコミュニティに所属するのであればいろいろな意味で信頼できるコミュニティを見つけた方が無難です。

ナンパコミュニティに入ることでナンパに対するモチベーションアップにもつながります。
コミュニティを上手に利用することで、自分を高めるきっかけになりますね。

もしナンパコミュニティに所属したい場合は、これらの危険性を頭に入れ、できるだけトラブルを避けるように意識して行動しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ナンパを学ぶ上で私がおすすめする本はこちらで紹介しております。
ナンパに役立つおすすめの本BEST3は?ナンパに興味がない人にもオススメできる!