男性がセックスをするときに意識することとは?テクニックに自信がなくとも平気

男性のみなさまは女性とセックスするときに意識していることはありますか?

もちろんセックスが上手いに越したことはないのですが、テクニックに自信がなかったり、そもそもセックス自体ご無沙汰だったり不慣れだと感じている方は多いと思います。

しかしながら、例えセックステクニックが不十分であったとしても、いくつかのポイントを意識してセックスに臨むことで女性を満足させることができ、また、セックステクニックを効率良く磨くことができるのです。
女性を満足させることができれば、アンコールを求められたり、今まで以上に女性と仲良くなることが可能でしょう。

今回はそんなセックスに自信がない方でも女性を満足することができる、セックスで意識すべき点についていくつかご紹介したいと思います。


男性がセックスをするときに意識することとは?テクニックに自信がなくとも平気

第一に相手のことを考える、愛情を持って接する

セックスをするときに、自分だけ気持ちよければ良いと考えてはいませんか?

セックスは一人でするものではありません。
お互いとコミュニケーションを取りながら、一人ではなく二人で行うのがセックスです。

相手のセックスに対する満足度を高めるためには、常に相手のことを尊重し、相手がどうして欲しいのかを考えながらセックスをする必要があります。

例え不器用でテクニックが不十分であったとしても、きちんと愛情を持ってセックスをすれば相手に伝わり、「この人はあまりうまくないかもしれないけど、ちゃんと私のことを思ってくれているんだ」と感じさせ相手に良い印象を与えることができます。

しかし、男性にもっと感じてもらいたい、もっと気持ち良くなって欲しいと考える女性も多いです。
男性に気持ちよくなってくれるのが好きな女性が相手であれば、前戯や挿入した最初の段階でその女性を気持ち良くさせることができたら、あとは自分が気持ち良いように動くというのも良いでしょう。

一度に攻める箇所を増やす

相手を気持ちよくさせるために一度に攻める箇所を増やすということを意識するのもセックスにおいては効果的です。

どうしても今攻めている箇所で手一杯になりがちですが、ある程度余裕が出てきたら攻める箇所を増やすというのを意識しましょう。
片方の乳首のみを舐めるだけでなく、空いている手でもう一方の乳首をいじったり、空いている手でマンコをくりくりするなどをすれば、女性がより感じてくれるはずです。

しかし、このとき気をつけたいのは、相手が痛さを感じないように攻めることです。
攻める箇所を増やしたとしても、一つ一つの箇所について注意が散漫になって強く攻めすぎてしまっては逆効果となります。

最初は難しいかもしれませんが、ある程度セックスの回数を重ねてきたら攻める箇所を増やすことを意識して練習を重ねていきましょう。

おすすめなのは、マンコを舐めながら両方の手で両乳首をいじるか、舐めながら片方の手で膣を攻め、空いている手でどちらかの乳首をいじることです。

一度に三箇所を攻めると良いとされています。
難しければ一度に二箇所でも良いでしょう。

一人の相手と数をこなしてテクニック研究する

日暮里駅前クンニ塾というクンニを練習する風俗で出会った風俗嬢も言っていましたが、セックスを上達させるにはいろんな方と一回ずつセックスするよりも、一人の人と数回セックスした方が圧倒的に上達します。
(日暮里駅前クンニ塾の体験談はこちらです)
日暮里駅前クンニ塾を利用した感想は?クンリニングスを学べるデリヘル(風俗)体験談

なぜなら同じ人と一回しかセックスしなければ、その人が本当に感じているのか、気持ち良くなっているのかは分かりづらいからです。
相手が本当は痛いけど気持ちが良いフリをしている可能性もあります。

セックスがなぜ上達しにくいかというと、何が正しいか分からなかったり、指導者が見つけづらいことにあると思います。
どんなテクニックが正しいか分からないがために、何回もセックスの経験を積んで正しいテクニックを見極める必要があります。
その正しいセックステクニックを見極めるためには、いろんな人とワンナイトをするよりかは一人の人と何回もセックスを重ねて試行錯誤を重ねる方が圧倒的に効率が良いです。

一番良いのは、相手にどんなテクニックが気持ち良いのか聞くことです。
何回もセックスを重ねれば相手と仲良くなり、相手もどんなことをされると気持ちが良いのか喋ってくれやすくなるので、そういった意味も含めて一人の相手と何回もセックスをして何が効果的なのか確かめながらテクニックを研究すると良いでしょう。

ペース配分を考える

最後はある程度セックステクニックを磨いた方向けですが、セックスのペース配分を考えるようにしましょう。

一生懸命女性の体を舐めたり愛撫することは良いことですが、最初から飛ばしすぎると相手をイかしきる前にこちらが疲れ果ててしまいます。

女性をイかすまでのセックスは相手によりますが長期戦のことが多いです。
目標のマイルストーンとして女性をイかすということがあると思いますが、女性をイかすためにペース配分を考える必要があります。

かといって、ペース配分を考えすぎて体力を抑えすぎることによって女性に退屈さを与えてしまうことがあります。
セックス中、常に相手の心情を考えながら体力を抑えたり攻め時を見極める必要があります。

筋トレや有酸素運動をして常日頃から体力を鍛えておくのも良いかもしれません。
鍛えすぎは良くないかもしれませんが、ある程度鍛えておけば女性からの受けも良くなることでしょう。

終わりに

今回は男性がセックスをするときに意識すべき点についていくつかご紹介いたしました。

私はセックスを学ぶ上でセックスについてのノウハウ本をかなり読んで参考にいたしました。

私が今まで読んだセックスについてのノウハウ本の中でおすすめの本はこちらの記事で紹介しております。
セックスを学ぶ上でおすすめしたい本は?セックスが上手くなる書籍BEST3!

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければTwitterやブログでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。