ヤリ部屋におすすめの家具やインテリアは?〜前編〜

ヤリ部屋というのをご存知でしょうか?
ヤリ部屋というのは、簡単に言うと女の子とセックスしやすい部屋のことです。
自宅をヤリ部屋にして、ホテル代を浮かせたり家でいつでも女性とセックスしやすい環境が作れるというのが一番のメリットになります。

しかし女の子とセックスしやすい住環境を整えるためには、家具の選び方に気を使ったりヤリ部屋にぴったりのインテリアを配置する必要があります。

今回はヤリ部屋におすすめの家具やインテリアについてご紹介いたします。

前編と後編に分かれており、こちらでご紹介するのは前編となります。


ヤリ部屋の広さは?

ヤリ部屋におすすめの家具やインテリアは?〜前編〜

家具の前にヤリ部屋のおすすめの広さについてご紹介いたします。
引っ越す予定がなかったり、もうおすすめの広さについてご存知の方は読み飛ばしていただいて構いません。

部屋は広ければ広いほど良いだろうと思うかもしれませんが、実は違います。
狭すぎるのはNGですが、広すぎるのもあまりヤリ部屋としての機能が活かせないことになってしまいます。

部屋が広すぎると初めてセックスする女性とセックスしづらい

既にセックスをした相手とは関係性ができあがっているので、部屋が多少広くてもベットインしやすいです。
しかし初めてセックスする相手、なおかつまだ相手が完全に心を許していない場合を考えてみてください。

部屋が広すぎると、女性との距離を詰めづらいです。
部屋で自分と女性がどこかに座った時に、部屋が広いことで女性と距離感ができやすくなってしまいます。
よって、適度に狭い部屋をチョイスすることによって、合理的に女性との物理的な距離感を縮めることができます。

おすすめはワンルームで、6畳か6畳より少し広めの部屋です。
6畳だと狭いと感じる方は6〜8畳くらいが個人的には良いと思います。

ヤリ部屋におすすめの家具は?

主に以下のアイテムについてご紹介いたします。(番外編としておすすめのインテリアもご紹介いたします。)

・ソファ
・ベッド
・テーブル
・照明

おすすめのソファ

まず初めにおすすめのソファについてご紹介いたします。
ソファのサイズに関して注意したいのは、あまり大きすぎないサイズを選ぶことです。

最低でも2人掛けのサイズで抑えましょう。

理由としては、女性を連れてソファに座った時に、サイズの小さいソファを選ぶことによって自然と女性と密着することができるからです。
女性との距離感が近いことで雰囲気作りができ、自然とセックスに移行しやすい環境を整えることができます。

ソファとベッドはL字に配置する

さらに、ソファとベッドはL字型に配置するようにしましょう。
女性とソファの上で良いムードになった時に、スムーズにベッドに移動することができます。

ソファとベッドが離れていると、女性と良い雰囲気になった時に相手次第ではソファからベッドに移行する時にグダってしまいます。
多少グダっても押せ押せで攻めれるように、ソファとベッドはできるだけ近い配置の方が良いです。

ソファのサイズが決まったら、あとは部屋に合う色や形状を選びましょう。
私がおすすめするのはあまり明るい色ではないシックなソファですが、そこは個人の好みで良さそうです。
しかし、暗めの色を選ぶことで汚れが目立たなくなるため、生活的な観点から暗めの色のソファをおすすめいたします。

おすすめのベッド

意外かもしれませんが正直ベッドに関してはダサくなければ別になんでも良いです。
むしろヤリ部屋を作るに当たってはベッドよりもソファや小物に力を入れるべきだと思っています。

ベッドのサイズに関しては、シングルではなくダブルを選んだ方が広めで良いと思いますが、別にセックスするだけならシングルでも問題ないです。
毎日誰かしらの女性とセックスしたり、一人の女性と半同棲的な生活を想定しているのならベッドは広い方がストレスがなくて良いでしょう。

ただし広めのベッドは当然ですがスペースを取るので、部屋が狭い方は無理してダブルを買う必要はないと思います。

ベッドメイクのコツはきちんと整えすぎないこと

ホテルのベッドのように、ベッドはシーツや布団など整えれば整えるほど良いと思われがちですが、実は違います。
心理学的にベッドを整えすぎると、ベッドで寝るのに抵抗ができてしまうのです。

想像してみると分かるかと思いますが、ベッドに限らずきちんと整いすぎているのがあるとそれを壊すのにためらってしまうことになると思います。
他人の部屋に入った時に部屋が整いすぎているとできるだけ他人の部屋を汚したくなくなりますよね。

汚すぎるのも問題ですが、少し布団をまくってみるなど、ベッドを整いすぎないようにする工夫が大切です。

終わりに

今回はヤリ部屋におすすめの家具やインテリアについてご紹介いたしました。

続きは後編をご覧ください。
後編はこちらから読むことができます。
ヤリ部屋におすすめの家具やインテリアは?〜後編〜

当たり前ですが家具やインテリアはその後の生活にダイレクトに影響するので慎重に選んだ方が良いです。
家具やインテリアは高額な上、気軽に捨てて模様替えすることができないためじっくりチョイスした方が良いでしょう。

逆に一度チョイスしてしまえば引っ越したり壊れたりしない限り部屋のレイアウトについて特に考えなくて良くなります。
ヤリ部屋のために最適な住環境を目指してください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければTwitterやブログでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。