BanG Dream!(バンドリ!)Poppin’Partyのメンバーの落とし方を本気で考察してみる~後編~

2018年4月29日

前回の続きです。
BanG Dream!(バンドリ!)Poppin’Partyのメンバーの落とし方を本気で考察してみる~前編~

牛込 りみ

先に牛込 りみのファンの方々に謝らせていただきます。
もしかしたら牛込 りみに対して誹謗中傷を含んでしまうかもしれません。
しかしこれはあくまで私が分析し、冷静に考察した結果です。
ご了承いただければ幸いでございます。

そもそもの話となりますが、牛込 りみは友達として関わる分には良いですが、恋人として関わるとなるとどうにも気が引けてしまいます。

なぜなら牛込 りみは人間関係を周囲の状況や周りの方々の思いを気にせず、自分の中で考え自分の中で完結させてしまう癖があるからです。
戸山 香澄が牛込 りみをバンドに誘って一度はオッケーをもらったものの、その後理由を言わず突然牛込 りみがバンドを抜けると言い出したのが良い例ですね。

山吹 沙綾が外向的な考えを持つのに対し、牛込 りみは内向的な考えを持ちます。
こういうタイプの女性が好きならば何の問題もないと思いますが、いざ恋人として付き合うとなると非常に苦労するでしょう。

牛込 りみがまだ恋愛経験が浅い段階であるならば、その気になればもしかしたら意外とあっさり付き合えるかもしれません。
しかしながら、いざ実際に付き合うことができたとしても、すぐにいきなり向こうから別れを告げられて別れてしまいそうです。
私が思うに、彼女との恋愛は長続きしない傾向があるのではないでしょうか。

彼女は大人になってからは不倫などに走りそうな性格に思え、なんだかんだで遅くまで独身でいそうです。
ポッピンパーティのメンツの中で一番結婚が遅いのではないでしょうか。

なんにせよ、特別な理由がない限りそもそも彼女を狙うことはおすすめできないと思います。

花園 たえ

花園 たえに関しては正直私はよく分かりません。

端的に言って彼女の性格は天然です。
しかしながら、脈絡のない行動をするかと思えば、大事な局面では理にかなった行動をします。
彼女の行動のアルゴリズムは正直解析できません。

私の身近には花園 たえのような性格を持つ女性がいません。
しかし現実に即していないアニメ独自の性格であるかというと、そうは言い切れないところがあります。
こういう花園 たえのような思考回路を持つ方はおそらく現実にも存在するでしょう。

強いて言うなら、塾講師時代のときの私の教え子がこの花園 たえの性格に近かったです。
その子はとびきりかわいい女の子でした。
かわいさで言うと、クラスで1番を争えるのではないでしょうか。

その子の例で言うと、その子はみんなが「なんであのかわいい子がこんな人と付き合っているの?」と思うような人と付き合っているようです。
たぶんその子はクラスのヒエラルキーを度外視して自分の独特の価値観で相手を選んでいたようです。
その意味では、花園 たえもその子のように世間一般的な価値観に囚われず、自分の独特の価値観で相手を選びそうですね。

たぶんどんなに努力したとしても花園 たえと付き合えない人は付き合えません。
逆に、花園 たえの価値基準に合う人ならあっさり
男「付き合おー」
花園 たえ「いいよー」
となることも考えられます。

具体的な花園 たえの価値基準については私には分からないし、想像もつきません。
彼女の口説き方については正直分からないです。
自分の魅力を底上げし、自然に好かれるのを待つしかないと思います。

山吹 沙綾

結婚に関して人一倍関心を持っているのが山吹 沙綾です。

それはあるアニメの一部の描写に現れています。
具体的に何話でいつの描写かは覚えていないのですが、花園 たえの家にポッピンパーティのメンバーが訪ねたときのことです。
花園 たえのペットであるうさぎを抱きかかえた花園 たえの母親が、うさぎに「誰お嫁さんにもらうー?」と問いかける場面があります。
その直後の山吹 沙綾の反応を見てください。
アニメでは、山吹 沙綾がアップになり「うっ」とした表情を浮かべています。

これは結婚に関して一倍関心を持っている証拠です。
でなければ、あのようなオーバーな反応は示さないと思います。

元々彼女が結婚についていろいろ考えそうだというのは普段の性格からみても想像つきますよね。
彼女は家族を大切にし、家庭の尊さを身を持って知っています。

そんな彼女は普段から結婚について考えている分、恋愛に対して割くリソースも他のメンバーと比べて多いです。

一般的に恋愛についてはその人のことを考えれば考える分好きになりやすいという特性があります。
彼女はそもそも恋愛について考える時間が長いため、特定の人を恋愛対象として考える時間も必然的に長い傾向を持ち、予想外に簡単にその人のことを好きになってしまうかもしれません。

意外とポッピンパーティの中で一番口説くのがちょろいのが山吹 沙綾です。
一定以上の魅力を持つ男性であるならば、押せ押せで口説けば案外楽に陥落できると思います。
悪い男に騙されやすいのも、山吹 沙綾のようなタイプではないでしょうか。

しかしながら、彼女はおそらく恋愛事を他のポッピンパーティのメンバーに相談するでしょう。
もし悪い男が山吹 沙綾に近づいたとしても、ポッピンパーティのメンバーが全力で止めてくれます。
逆に言うと、山吹 沙綾と付き合うためにはポッピンパーティの防衛ラインを突破、すなわちポッピンパーティのメンバーに気に入られなければなりません。

その意味で言うと、ある意味難易度は高いと言えます。

終わりに

これでPoppin’Partyのメンバーの落とし方についての考察は終わりです。
案外結構な分量いった上に、アニメのみという少ない情報ながらも考えを広げられたと思います。

この記事を読んで楽しんでいただけたのであればうれしいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。