ひたすら書店で売られている官能小説についてレビューをしてみる~Part1~

2019年5月21日

今回は私がひたすら官能小説について読んだ感想をまとめています。

各本の紹介の最後に総合評価をつけているので興味の湧いた方はぜひ読んでみてください。


背のぬくもりと私の不埒な感情の関係

百合の本です。
百合の本を初めて読みましたが、意外に悪くないですね。

以前男の私がボーイズラブの本を読んだことがありますが、あれは最初の数ページで吐き気がきて読むのを止めてしまいました。
一般の男が百合の本を読む分には問題なさそうです。

立ち位置的には先輩と後輩の関係です。
卒業する先輩に対する思い出作りというシチュエーションですね。

シチュエーション的には王道なため、初めて百合モノを読んだ印象としては読みやすかったです。

総合評価 10点中6点

だめっ!でも止まらない興奮!これが官能小説だ!

三本仕立てで本が構成されており、そのどれもが短いです。

しかし3つの話のどれもが男の妄想を体現したかのような内容で、自分の描いた通りの理想のように話が進んでいっている感があります。

内容は現実的ではありませんが、官能小説にリアリティーのみを求めるというのも野暮な話ですね。
Kindle Unlimited対象の本なので、Kindle Unlimitedを契約している方は読んでおいて損はないでしょう。

官能小説初心者におすすめです。

総合評価 10点中7点

本当にあった究極の官能物語

実はこの本、前述した「だめっ!でも止まらない興奮!これが官能小説だ!」と内容がまったく同じです。
まぁKindle Unlimited対象の本ではよくあることですね。

Kindle Unlimitedでは、読者が読んだページ数分給料が入ります。
つまり、内容がまったく同じ本でも内容がまったく同じと気づいた時には出版社にお金が入るのです。

内容も本当にあったとは思い難いですし、元が良いエピソードなのにもったいないですね。

総合評価 10点中1点

興奮するゲスな物語: こんなエロ小説が存在していいのか

とにかくこの主人公羨ましいなぁと思わされる本です。
主人公が絶倫すぎますね。

男の妄想を体現したかのようで、まさに官能小説と思わされる本です。
こんなシチュエーションになったら良いですね。
私も昔は繁華街を夜うろうろしたことがありますが、何事もなく散歩が終わりました。
コミュ力がないせいでしょうか。

ともかく、この本の主人公のように女性に相手にされるカリスマ性を身につけていきたいですね。
努力して身につくものではないかもしれませんが。

総合評価 10点中7点

日本一読まれている官能小説

何が書いてあるかよく分からない本です。
私にはこの本に書いてある内容が理解できませんでした。

これをありがたがって読む方はいるのでしょうか。
AVの設定をひたすら読んでいるかのようです。

官能小説と呼んでいいのかもよく分かりません。
少なくとも日本一読まれているという言葉に疑問を感じます。

総合評価 10点中2点

現代アダルト作品「夢なのか、現実なのか」: 読み始めたら止まらない!あなたを今夜も眠らせない一冊

他の官能小説に比べればありそうな話なのかなと思いました。
それでもなお設定にフィクションの域が残っているように感じますが。

他の官能小説に比べて、内容がリアルな気がします。
リアルといってもシチュエーションや設定がリアルではなく、セックスの内容がです。
ストーリーを楽しむだけでなく、自分のセックスの質を強化する上で少し役に立ちそうですね。

総合評価 10点中5点

エロスの記憶 文藝春秋「オール讀物」官能的コレクション2014

あの文藝春秋が出版している本です。
官能小説のいろいろな作家の短編集が収録されています。

内容としては、文藝春秋らしくカチッとしています。
純文学テイストですね。

私は官能小説の短編目的でこの本を読んだのですが、途中から評論のような章が挟まっています。
評論のような章はこれはこれでおもしろかったものの、官能小説の短編が目的でこの本を開いたのでちょっと私の目的とは違っていたのかなと感じました。

しかも著名人に疎いせいで評論の内容がほとんど理解できません。
内容がほとんど理解できず、だれてしまったので途中飛ばし読みしてしまいました。
ただしじっくり読めば多分おもしろいのではないかとも感じます。
私にはじっくり読むだけのエネルギーがありませんでしたが。

この「エロスの記憶 文藝春秋「オール讀物」官能的コレクション2014」は官能小説の中では敷居が高い本だと思います。

総合評価 10点中4点

終わりに

今回は私がいろいろな官能小説を読み、片っ端からレビューをつけさせていただきました。

今までは官能小説を店頭で買うのを恥ずかしがっていた方も、今ではネットで簡単に買えてしまいますね。
昔よりは幾分か官能小説だったり性に関する指南書を買いやすくなったのかなと感じます。

ちなみに私がひたすらセックスに関する本についてレビューしていった結果については、次の記事にまとめています。
よろしければ併せて読んでみてください。
ひたすらセックスに関する書店で売られている本についてレビューをしてみる~Part1~

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければTwitterやブログでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。