外出自粛期間中にナンパをするべきではない理由とは?

緊急事態宣言がなくなってからしばらく経ち、外出している人も多くなってきました。

Go Toキャンペーンというのも始まり、感染者は減らないものの外を出てナンパをしている人も増えてきていると思います。

しかし私はまだ活動を行っていません。
意見は真っ二つに分かれるかもしれませんが、私はまだ自粛をするべきだと思っております。

もちろんナンパするのは自由で、現在活動している方たちに石を投げるつもりはありませんが、感染者を増やさないためだけでなく、単純にナンパするために外に出たとしてもうまく成果を上げにくい状況にあると思っております。

今回はこの今の時代に外に出てナンパをするべきでない理由についてご紹介いたします。


マスクをしている人だらけで顔が分からない

外出自粛期間中にナンパをするべきではない理由とは?

まずはシンプルな理由を挙げたいと思います。
今は外に出てもマスクをしている方が多く、単純に顔が分からない方が多いです。
顔が分からず、かわいいかどうか、美人かどうか分からない方に声をかけたくはないですよね。

某ウイルスが流行る前も、マスクをしている方は顔が分からないため、声をかけるべきでないという意見がナンパ師の間でも大半でした。

外に出ても8割、9割の方がマスクをしていて、とてもではありませんがナンパをしやすいと言える状況ではありません。

もう時期は夏で暑さはピークですが、それでもなお蒸れるマスクをしている人が大半を占めています。

外が暑いだけでなく、マスクをしている人ばかりなので、かわいい子を狙って声をかけづらい状況にいますね。

まともな人ほど外出をしない、マスクをする

外ではマスクをしている人が多いながらも、中にはマスクをしてない人も一定数います。
マスクをしていないかつ、かわいい子ももちろんいますね。

しかし、今時マスクをしてない人についてどう思うでしょうか。
これは私の偏見かもしれませんが、今時マスクをしてない人は「マスクをしなくても自分は絶対に体調を崩さない」、「某ウイルスなんて幻想だ」などと、価値観が偏っている可能性が少なからずあると思います。

マスクをしていないからと言って神経質になる必要はないですが、今時マスクをしていないことを考えると、マスクをしていない人はどうしても少し人間として付き合いづらい方の割合が大きいのではと思ってしまう部分があります。

また、今のご時世そもそも不要不急の外出を積極的にすること自体どうでしょうか。
感染のリスクが分かっていながら、積極的に旅行や外出をすること自体少し疑問に思う部分はあります。

もう外出自粛傾向が出てから半年ほど経ち、自宅にこもることが我慢できない方も多いと思いますが、リスクを負ってまで出かけるのもあまり褒められた行為ではありません。

付き合いがあって、どうしても躱せない場合は仕方がないと私も思いますが、それでもできるだけ今は自宅でできることをすべき傾向にあると思います。

話がそれましたが、外に出てナンパをしても、まともな、人間として尊敬できる女性と仲良くなることは難しい傾向にあるので、今はグッと我慢して家にこもって自己研鑽すべきだと思いました。

感染のリスクが高まる

最後は当たり前のことについて述べさせていただきます。

外に出てナンパをすることで、単純に自分の感染のリスクを高めることにつながってしまいます。

もう第二波と言っていいほど体調を崩す方が大勢出ており、その勢いは第一波を超えるのではないかと思うほどです。

むしろ緊急事態宣言が出たときよりも、今は体調を崩しやすい傾向にあると思っております。

しかも今感染している方の多くは若者です。
当然、ナンパは若い方を狙うのが普通かと思いますが、今は若い方と接触することによる感染のリスクが高まっております。

また、ナンパをして感染したとして、その潜伏期間などの間に他の方と次々接触したとしましょう。
自分を起点として、ウイルスをばらまくことにつながってしまいます。

今ナンパをすることで、自分だけでなく、関わったすべての方を不幸にしてしまう可能性が高いです。

自分を感染から守ることはもとより、加害者にならないためにも今は堪えて自宅でできることを淡々とやっていきましょう。

終わりに

今回は外出自粛期間中にナンパをするべきでない理由について3つご紹介いたしました。

外に出て成果を上げなくても、積極的に外に出なくても、自宅で自分にできることはたくさんあります。
下記にまとめたのでよろしければご覧ください。
外出自粛期間中にナンパのためにやるべきこととは?

今は外出自粛期間中だから外に出ない方が良いという体の良い結論になってしまいましたが、今は外に出ても成果をかなり上げにくいです。
自宅で自己研鑽などを行い、今後のために努力を続けた方が、最終的にはより良い成果が得られるのではないかというのが私の意見です。

ウイルスが流行っているからと言って腐らず、無理せずに、自分が今できることを淡々とやっていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければTwitterやブログでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。