地方のクラブ体験談!大学生の時にベトナム人と地方のクラブに行ったときの話を書いてみる

大学生の頃にベトナム人の友達と地方のクラブに行きました。

都会のクラブがにぎわっているのは知っていましたが、地方のクラブってどれくらいの人が来るのか気になりますよね。

今回はその話を書いていこうと思います。
ちなみに完全なナンパ目的に行きました。

どこのクラブに行ったの?

私の当時の生活圏内から一番近い方のクラブに行きました。
当時の生活圏内がバレてしまうため、具体的な名前は書きません。

東京以外の地方のクラブとだけ言っておきます。
クラブが存在するほどにぎわっている比較的都市でしたね。

クラブに行ったときの状況は?

ベトナム人の友達と、その友達二人で行きました。
日本人私一人、ベトナム人3人というメンツです。
なかなか特殊ですね。
大学生のノリで言うならば、「謎メンツ」といったところでしょうか。
ベトナム人3人は私よりも全員3、4つくらい年上です。

ちなみに私の友達であるベトナム人は今母国に帰って社長しています。
懐かしいですね。
元気にしているでしょうか。

その友達とナンパしたりFXで切磋琢磨したころが懐かしいです。

確かあれは金曜日の夜8時とかだったと思います。
クラブに行くにしては、なかなか早い時間なのではないでしょうか。
のちに書きますが、夜8時という比較的早い時間に行ったことが災いしました。

クラブに行ってみた感想

いざ待ち合わせをして入店したところ、早すぎる時間帯だったため誰もいなかったです(笑)
ナンパ目的だったのでやることがなかったですね。

仕方がなかったのでドリンクを頼んで4人でテーブルを囲んで談笑していました。
若干日本語がなまっており、音楽が爆音でかかっていたので会話に苦労したのが印象に残っています(笑)
でも楽しかったです。

30分ほどして、他のお客さんが来ました。
来たのは男性客の3、4人グループ。

男性客のグループは一つのテーブルに固まり、私たちも一つテーブルに固まっていました。

しかしそれから待てども待てども女性客は来ません。
他の男性客のグループも動かなかったので、その男性客のグループもナンパ目的だったのだろうと思います。

しばらくして、ベトナム人の友達一人が爆音の中突然音楽に合わせてノリノリで踊りだしました。
私たちのグループはそれを見て爆笑していましたが、次第に全員で踊ってました。

そして私たちが急に集団で踊りだしたのを見た男性客が、いきなり混ざってきて全員で踊りだしました。

しばしグループ二組が全員で踊り、「ウェーイww」と叫んだあと熱い抱擁を交わし、女の子と話すことなく私たちのグループは退店しましたとさ。
おしまい。

その後

この記事のメインは書き終わりましたが、その後についても書いておきます。

私たちはノリノリで踊って楽しい時間を過ごしましたが、まったく女の子と話せていません。
このままでは面白くなかったので、クラブから退店したあと夜の街を闊歩することにしました。

ベトナム人はノリいいですね。
フィリピンハブの前でたむろっている女性(おそらく店員)にいきなり話しかけたりしてました。
すごい陽気で良い性格の方たちだなと思ったことを覚えています。

地方の街を練り歩いているうちに、ベトナム人の友達がある企画を思いつきました。
それは風俗の店に入って、店のサービスを利用せずに記念撮影だけして店から出るというものです。
今考えてみるとかなり意味が分からなくて、かつ店の人に迷惑がかかる企画ですが、酒も入って深夜テンションだったせいかおもしろがってやってしまいました。

結局風俗店の中に入り、店の中に貼られている風俗嬢の写真を背景に記念撮影を行いました。(後で我に返って消しました)
本当意味わからなかったですね。反省です。

しかし店の中に入って新たに気づいたことがありまして、ベトナム人に対して店員がやたら押しが強いということです。
まるで大事な客のように勧誘が強かったですね。
海外の方はよく日本の風俗を利用するのでしょうか。
思いのほか風俗を利用する外国人の方が多いのかなといった印象を受けました。

終わりに

今回は私が大学生の時に地方のクラブに行ったときの体験談を書かせていただきました。

都会のクラブに比べて地方のクラブはかなり過疎っていましたね。
私たちがクラブに行く時間が早すぎたせいなのかもしれませんが。
当時金曜日のもっと遅い時間帯にクラブに行っておけばよかったですね。
そうすればきちんとクラブの混み具合を計れたかなと思います。

あと気になる点としては、ハロウィンなどのイベントはちゃんと人が来るのだろうかという点です。
都会のクラブはハロウィンのときにはあり得ないほど混みますが、地方のクラブがどれくらい混むのか気になりますね。

むしろそこまで地方のクラブがハロウィンで混まない場合は、むしろハロウィンは地方のクラブに行くという選択肢もあり得ます。
もしそこそこの人が来るのならば、あえて地方のクラブに行くのはむしろ正解です。

まぁ正直そこまでやる気力はありません。
気が向いたらやろうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。