プレゼントを選ぶに当たり本質的に重要な点とは?渡すモノだけでなく過程にも気を配ろう!

私は若いせいもありまだまだ女性経験は少ないですが、女性へのプレゼントを選ぶに当たり本質的に重要だと思うことについて語らせていただきます。

主に男性から女性へのプレゼントを想定しています。

この記事がみなさんのプレゼント選びのお役に立てれば幸いです。

プレゼントを選ぶに当たり本質的に重要な点とは?

あくまで私の考えですが、女性へのプレゼントを選ぶに当たり、本質的に重要な点が二つあると考えています。
それは、「渡すモノの価値」と「女性に与えるまでのプロセス」です。

「渡すモノの価値」につきましては、おおよそみなさんの考えている通りだと思います。
「渡すモノの価値」を細分化すると、「モノそのものの価値」や「使い勝手」、「女性の好みに沿ったもの(アクセサリーや食べ物などの消えモノ)」に分けられます。

女性は男性よりも欲がある

これも私の考えですが、欲のない女性はいません。
男性にも言えることかもしれませんが、みなさん何かしらの欲を持っています。
単純な事実として、欲深さだけなら男性よりも女性の方が上なのではないでしょうか。

悪い意味ではなく、女性は物欲のある方が多いです。
世間的なイメージも含め、女性はブランド物だったり、価値の高いアクセサリーといったものを直接的にプレゼントすると喜ぶのではないでしょうか。

値段が高いものをあげれば、その値段だけ(もしくはプレゼントをあげる側のプレゼントの支出におけるエンゲル係数分だけ)女性を想っている証拠にもなり得ます。

単純に値段の高いものだけをプレゼントしていては男としての価値が下がる

かといって単純に高いものを与えていては、相手によっては受け取ってくれなかったり自らの価値を下げて召使いのようなポジションになってしまう可能性があります。
そこで考えるべきポイントとしては「使い勝手」や「女性の好みに沿ったもの」をプレゼントすることです。

付き合っている付き合っていない問わず、あまり仲良くない段階では10000万円の高いものをプレゼントするより女性の好みに合った1000円のものを10回プレゼントした方が効果的な気がします。

ここを詳細に説明すると長くなりそうなので「渡すモノの価値」についての話はここまでにしておきましょう。
私自身まだ解析できていないところがあるため、ここでは控えさせていただきます。

プレゼントそのものよりもプレゼントを与えるまでの過程も重要

次に判断基準として「渡すモノの価値」と同じくらい、もしくは「渡すモノの価値」よりも大切になってくるのが「女性に与えるまでのプロセス」です。

女性は結果よりも過程を重視するタイプの方が多いです。
それはプレゼント選びとて例外ではありません。

「女性に与えるまでのプロセス」を細分化すると、「準備にかけた時間」と「演出」に分けられるように思えます。

パッと思いつくもので言うと、この要件を満たすプレゼントとしては手書きの手紙や手作りのアルバムでしょうか。
値段はかけずとも時間をかけて手紙を手書きで書いたり手作りのアルバムを作ったりしてくれたことに愛情を感じ、そのプレゼントをうれしく思う女性は多いのではないでしょうか。

プレゼントの準備にはこんな形もある

他にも「お酒は夫婦になってから」という漫画で、男性が女性のためにレインボーカクテルを作って女性の誕生日にプレゼントするという描写がありました。

レインボーカクテルを作るのは難しいらしいですね。
女性の誕生日に備えてわざわざレインボーカクテルを作るのを練習したそうです。

プレゼントの手間をアピールするためにはこういった形もあります。

サプライズを起点とした演出にもこだわろう

反対に時間をかけずとも「女性に与えるまでのプロセス」という要件を満たす方法があります。
それはサプライズなどの「演出」です。

例えば夜景。
大人になるにつれて、女性からすると夜景が良い場所に時間をかけて連れてかれるのは不評らしいですが、私は穴場だったりお出かけした先から近い場所であるならば大人になってからもありだと思っています。

夜景なら準備はほとんどいらず、良い夜景が見られる場所を知っていれば良いだけなので手間もそこまでかかりません。

プレゼントの渡し方にも一工夫!

他には、何かの小説でありましたが、雪だるまに結婚指輪を仕込むというものがありました。
雪だるまに結婚指輪を仕込み、仕事中の女性に「テーブルの上に飾っといたら良いよ」と何食わぬ顔でテーブルの上に雪だるまを設置させ、時間が経つと雪だるまが溶けて結婚指輪が現れる仕組みです。

これも手間自体はそこまでかかりませんよね。
結婚指輪の価値+発想を駆使したひと手間を加えるだけで絶大な印象を与えることができます。

逆に言えば、どんなに値段の高いものでも道端で予定調和のようにひょいっと渡してしまえば女性を冷まさせる原因となってしまいます。
このように、女性にプレゼントを渡す際は、プレゼント自体に気をつけるだけでなく渡し方にもこだわっていきましょう。

終わりに

主に女性へのプレゼントについて語らせていただきました。

プレゼントとは少し離れますが、フラッシュモブというのがありますね。
女性には不評らしいです。
男性の私からしてもどうかと思います。
あれを喜ぶ方がいるのでしょうか。

プレゼントを渡す際も相手のことを考えることが大切です。

値段と手間だけかけて相手が喜ばないようなプレゼントを与え、「ほら、これだけ値段と手間かけたんだから喜んでくれよ」と無責任にリターンを期待するのはあまりにも卑怯な気がします。

相手の気持ちに寄り添い、相手が喜ぶようなプレゼントを選んでいきましょう。